読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beer Life in Sweden

スウェーデンでの生活、ビールのことについて書いてます。

番外編1 スウェーデン留学という選択肢

番外編

こんにちは!

今日はビールのことには触れません!(笑)…っていうのもビールを飲まないことにはビールの紹介ができないんですが、かと言って毎日ビール飲んでるわけにもいかないので、

こういう番外編もちょくちょく更新しようと思います!🤗

 

 

今回はとくに交換留学を考えている方に読んでほしい内容になっております。

テーマはズバリ、「スウェーデン留学という選択肢」!

※今回使用する『留学』という言葉はすべて『交換留学』として扱います。

 

みなさんが『留学』という言葉を聞いて思い浮かべる国と言えばどこでしょうか。

おそらくほとんどの方はカナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリアといった英語を第一言語とする国を想像されると思います。

実際僕がスウェーデンに留学すると決まってからというもの、「スウェーデンって英語なん?」、「なんでスウェーデンなん?」という質問を5万回ほどされましたので、

今一度整理したいと思います。

 

Q1. スウェーデンの英語のレベル

  スウェーデンスウェーデン語が公用語で基本的にはスウェーデン語が中心です。一方で英語のレベルが非常に高い国としても知られており、2014年にEF(Education Fast)が行った英語を第一言語としない70ヵ国の成人の英語能力を測る調査で、スウェーデンは第1位となっています。※日本は30位

私が住んでいるのは地方都市ですが、それでも年配の方以外はほぼ全員と言っていいほど流ちょうな英語を話されます。

 

Q2. 何故スウェーデンを選んだのか

  正直選んだときは交換留学に行ければどこでもいいやという気持ちが強かったのであまり具体的な理由はない、というのが正直なところです😕

 

 

こんな感じでスウェーデン留学に来て3週間ほど経ったわけですが、今のところの正直な感想として「スウェーデンを選んで本当に良かった」と思っています😌🇸🇪

 

 

 

スウェーデン留学の特徴

  1. 言語
    英語を第一言語としない分、スラングなどが少なくきれいな英語を身に付けられる。特に英語に自信のない人は英語圏よりもハードルが少し低め。ヨーロッパの人は3か国語喋れるなんてのも珍しくなく、語学に対するモチベーションが上がる。

  2. 多様性
    EUに市民権を持つ生徒は授業料が無料なので留学生が非常に多く、多様な文化に触れることができる。このわずか3週間で出会った人の国籍(イタリア、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、デンマークノルウェーフィンランド、スイス、イギリス、チェコギリシャルーマニア、スペイン、ケニア、タンザニアパキスタン、インド、ベトナムカンボジアシンガポール、中国、香港、台湾、韓国、日本、オーストラリア、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、メキシコ、ブラジル、コロンビア)

  3. 大学の授業システム
    大学の授業は、1セメスターにつき2~3科目で1科目あたり週2回ほどの授業があるというシステム(うちの大学の場合)。深く狭くって感じで日本の大学の授業より専門性が高いため、学びたいことがはっきりしている人にとってはこちらのほうが学びを深められる。

  4. その他
    EU内の移動がかなり安く、距離も近いためたくさん旅行できる。美男美女が多い。

 

ざっと大まかな特徴をあげてみましたがいかがでしょうか?

もちろん英語圏に留学するからこそ得られる経験もありますし、スウェーデンのような英語圏ではない国ならではの特徴もあるので、

一概にどちらが良いとは言えません。

 

私が今回伝えたいのは、英語を使用した英語圏以外の留学という選択肢が存在するということです

 

 この記事がみなさんの留学への考え方が広がるきっかけになればいいなと思います!!

 

 

 

 最後に私が通うJönköping International Business Schoolを写真で紹介したいと思います!

f:id:hotoke6:20160913180022j:image学校からの眺めf:id:hotoke6:20160913180043j:image図書館おしゃれf:id:hotoke6:20160913180050j:image図書館おしゃれ Part2

f:id:hotoke6:20160913180128j:imageイベントのチケットを買うための列

f:id:hotoke6:20160913201137j:image学校の近くの湖

 

では!!